MiRaIのプライベート花火

2万円から打ち上げるプライベート花火

現在打ち上げ会場が工事中のため、新規受付を休止しております。

あなただけの花火を
もっと身近に

打ち上げ花火には、花火大会で見るものでとても個人では打ち上げられないもの、といったイメージがあるかと思います。花火の町に生まれ育ったものとして、もっと気軽に打ち上げ花火を楽しめたらいいなと思い、地元の花火企業さんに相談したところ、私たちの想いに共感していただき18,750円からという特別価格にて、打ち上げ花火をご提供できることとなりました。
プロポースなど一生に一度の大切な瞬間や、お祝い、記念日などの特別な日、なんでもない日に感謝の気持を伝える手段として、少し大きな花束を贈るように、プライベート花火をご活用ください。

戦国時代に起源を持つ
伝統の市川花火

市川三郷町の市川大門地区は、全国でも有数の花火の産地として栄え、古来より「市川花火」と呼ばれています。その起源は古く、戦国時代までさかのぼります。武田信玄が戦の際に用いた狼煙を起源とし、「武田流」と呼ばれる製法と打上げ技術をもった煙火師、火術師の集団「狼煙衆」(のろししゅう)にはじまるといわれています。
武田氏滅亡後、狼煙衆の一部は甲斐の国に残り、他は徳川御三家に仕え、花火づくりに専念しました。
火薬の使用は武士階級によって行われましたが、鑑賞遊戯の花火は「町人の技」として発達し、庶民の夏の娯楽として打ち上げられました。こうして地域に浸透し発達した「市川花火」は、江戸時代には、「常陸の水戸」「三河の吉田」とともに「甲斐の市川」と称され、「日本三大花火」の一つとして興隆を誇りました。

プライベート花火の打ち上げを担当する花火師さんは、神明の花火大会でも打ち上げを担当している地元花火業者である株式会社齊木煙火本店さんと株式会社マルゴーさんです。
齊木煙火本店さんは明治34年創業の老舗で、隅田川の両国花火大会をはじめ、大曲や土浦の競技花火で毎年入賞を果たし、マルゴーさんも長崎のハウステンボスで開催された第6回世界花火師競技会で優勝するなど全国各地で好評を博しています。
また全てのコースで、市川花火の伝統受け継ぐタチカワさんの玩具花火をプレゼントします。

さまざまなシーンを
演出します

一生の思い出に残したい大切な瞬間や、「おめでとう」や「いつもありがとう」の気持ちを伝える、あなたにとって大切なシーンを、プライベート花火がより特別なひとときに演出します。

料金表

※プレゼント花火は、打ち上げ会場で遊ぶこともできます。

オリジナルコースも承ります

上記のコース以外に、ご希望の内容(時間)や予算に応じて作り上げる、オリジナルのコースもご用意しています。
もう少したくさん打ち上げたい、もっと盛大なお祝いをしたい、友達にプレゼントしたいなど、もっと花火を楽しみたいときにはこちらのコースをご利用ください。
その他にも、簡単なものでしたら企業ロゴなどお好きな絵を入れることも可能です。
さまざまなニーズにお応えいたしますので、まずはお問い合わせください。

花火の大きさは、以下をご参照ください。

打ち上げまでの流れ

お問い合わせから、花火の打ち上げまでの大まかな流れをご紹介します。

よくあるご質問

プライベート花火について、よくいただく質問をご紹介いたします。

お申し込み

すべての項目を入力の上、送信してください。

現在打ち上げ会場が工事中のため、新規受付を休止しております。